Avocado Net

Grower Support Service by Creative House Corporation

Avocado Net

クリエイティブハウスコーポレーションの農業支援事業

アボカドネット(Avocado Net)

~ 熱帯果樹栽培の個別技術指導サービス ~

  • 日本で注目を浴びている熱帯果樹栽培の普及と栽培を支援する「アボカドネット」を通じて、コンサルティングサービスを提供しています。
  • アボカドネット(Avocado Net)は農業経営支援サービス「アグリマネージャー(Agri Manager)」をプラットフォームにしたサービスです。

    アボカドネット(Avocado Net)専用サイト: https://avocado.net.creativehousecorp.com

    【大きな変化】

    温暖化を背景にして、日本では果樹栽培の北限が変化しています。また国産を代表するリンゴやミカンでは卸売価格の下落から転作も進んでいると聞きます。こうした背景のもと、日本でも熱帯果樹栽培が大きく注目されています。そこで、日本で注目されている熱帯果樹の栽培の普及と安定供給を目指し、アボカドネットが栽培家の方々を強力に支援します。

    【アボカド輸入量の拡大】

    日本へのアボカド輸入量は2007年から2016年にかけて増大し、年平均成長率は12%となっています。こうした日本でのアボカド重要が拡大しているという事実は、今後国産のアボカドが成長することを示唆しているともいえます。

    【将来へ向けた取り組み】

    こうした状況を踏まえ、クリエイティブハウスコーポレーションはいち早くその需要をとらえ、来るべき未来を見据えた行動をとることといたしました。熱帯果樹とりわけ需要が拡大しているアボカドの国内での栽培を発展させるために、熱帯果樹栽培の権威である米本仁巳先生(農学博士)と戦略的アライアンスを構築し、米本先生が監修する信頼のサポートを提供しています。

    【アボカドネット(Avocado Net)の強み】

    アボカドネットを通じて、固有の栽培条件に合ったアドバイスがほしいといった要望に対して、気候条件の異なる環境を考慮したその土地に適した栽培方法をアドバイスします。また、何とかして収量を上げたいという切実なニーズに対して、専門家のアドバイスのもとで収量アップを目指します。さらに、果樹を栽培するだけでなく経済栽培が成り立つよう、収穫物を確実に販売するための収穫後の販路開拓の支援を行います。

    *アボカドネット(Avocado Net)に関する詳しい情報はこちら